Home

雨漏りや建物診断、防水工事、修繕工事は東京都足立区の新防水にお任せください。

tel:0336051855

よくある質問

お客様から寄せられる質問の紹介です。

防水工事は何故必要なんですか?

建物は、新築時に防水処理は施されていますが、永遠にその効果があるわけではありません。長年じかに紫外線や降雨にさらされる場所に施工するため、耐久性、耐候性に優れた素材を用いていても、経年による劣化はどうしても避けられません。
年数の経過で劣化が発生し、天井や階下の室内、ベランダ、廊下に漏水し柱の腐食や悪臭など、様々な問題をを引き起こす可能性があります。

大切な建物を維持する為には、防水工事はとても重要な役割になります。

お見積もりはいくらですか?

お見積もりは無料です。
簡易的な建物診断も無料で行っていますので、お気軽にご相談ください。
お客様の現状に合わせた適切なご提案をさせて頂いております。

防水の耐久性はどのぐらいありますか?

耐久年数とは、防水層が防水機能を有している期間、つまり防水層が老化・劣化してその機能を失い、漏水が発生してくるようになるまでの年数の事ですが、建物の築年数や状況、環境によって異なるので、一概に何年という事は難しいです。
防水材料の耐久年数は10年くらいと定められております。
ですので、10年をめどに改修工事をするのが望ましいです。

外壁のひびわれがあるのですが?

屋上、外壁等の修繕改修工事の下地処理として行われるのが劣化脆弱補修のことです。コンクリート建造物等の場合は、経年劣化により外壁にひび割れ・浮き・爆裂・欠損が生じ建物の美観を損ないます。ひび割れ・浮き部分には注入処理、爆裂・欠損部には防錆処理をしたのち成形処理をおこないます。下地処理をすることにより外壁等の雨水の浸入や外壁耐久性低下を防止し、建物の安全性を維持します。

下地処理は建物の延命処理を高める大事な役目になります。下地処理をして、仕上げ処理することが建物維持管理の向上に繋がります。

工事の保証はしていますか?

防水工法により保証年数を設定し、5~10年の保証書を発行いたします。
ご安心下さい。

お問い合わせフォーム