コラム・用語集

COLUMN
  • 防水工法

密着工法ってどんなもの?どんなメリットがあるの?

密着工法とはウレタン防水を行うときに取り入れられることが多い工法で、雨水の侵入を防ぐために何層かに重ねて形成される防水層を下地に完全に密着させる工法です。メリットとして、コストパフォーマンスが高いので、一般家庭で採用するのに適しています。 防水層と下地の間に空気を含まない構造になることで、人が歩いたりすることができるので、人の出入りがあるベランダや屋上に行うと効果的です。東京都足立区の建物には、複雑な部位が伴っている建築物が多いので、ある程度の段差などがあっても密着工法を行うことができるでしょう。 コストがあまりかからなくて済むのは、ほかの工法よりも大掛かりな施工器具を必要としないので、工期が短縮されるためです。その都度乾燥させる必要がありますが、それでも比較的早く終えることができます。密着工法における防水層は軽量であるため、建物に負担をかけにくい特徴を持っているので、屋上などにも安心して行えます。 逆に密着工法に不向きな場合というのは、下地の状態が悪化している場合などで、塗膜の均一性が非常に難しい作業であるため仕上がりの綺麗さには職人の技術が必要になってきます。下地が濡れていると防水層に影響が出て膨れ上がったり、ひび割れたりすることもあるため、確かな目で現場の状況を判断してもらう必要があるでしょう。 密着工法は防水面に継ぎ目がないきれいな防水層を作ることができますが、防水効果を高めるためには定期的にトップコートの塗り替えを行うことが必要になります。5年から6年程度で塗り替えると、劣化を防いで機能を維持できます。

お問い合わせCONTACT

雨漏りや建物の劣化で防水・改修・塗装工事などのお見積りやご相談など、
まずはお気軽にお問い合わせください。

ぼうくん

加盟団体 MEMBER ORGANIZATIONS

新防水は以下の団体に加入しています。
数多くの団体に加盟することで様々な材料・工法に対応しておりますので、安心してお任せください。

  • 全国防水工事業協会
  • 日本アスファルト防水工業協同組合
  • 関東防水リフレッシュ事業協同組合
  • サラセーヌ工業会
  • エコ・ウレックス工業会
  • 一般社団法人機能性外壁改修工業会
  • 全国イーテック防水工業会
  • 日本セリノール防水事業協同組合
  • 全国ジェットスプレー工法施工代理店